緊張を解すツボ

IMG_0673

細野クリニック

鍼灸師 菊地のブログです。

先月、忙しい土曜日ではありますがお休みを頂いて、かれこれ10年来の大親友の結婚式に行ってきました。1年前に籍を入れており、友人代表のスピーチを任されていたのですが、なかなか言葉に表すのは難しく…初めてのことでどの様な内容にしようかなど考えているうちにあっという間に当日になってしまいました。1年間も猶予があったのに、、、夜通しで何とか完成しました。

スピーチを終えた安心感と友人が結婚しちゃったんだなぁ…嬉しい気持ちと旦那さんに対するちょっとしたジェラシー、そして本当に素敵で感動的な結婚式で式が終わってからもなかなか現実世界に戻ってこれず、気が付けばゴールデンウィークも終わり今に至っております。(ここでブログの更新が遅れてしまった言い訳を…)

緊張するのは良い事…?

寝不足とともに迎えた友人の結婚式。それはもう大変緊張しました…。そこで今回のセルフケアコーナーでは、緊張を解すツボ!をご紹介します。

子供の頃は、発表会やスポーツ大会、入学式など初めての事やら行事毎に緊張する場面に出くわす事が多くありましたが、大人になるにつれて免疫もでき緊張する、という事が少なくなってきますよね。

ある程度の緊張はスポーツや、仕事で言えばプレゼンなどのパフォーマンスを高めてくれるなんて言いますよね。前もって準備を完成させ迎えるものはその緊張感さえも楽しめるのではないでしょうか。しかし、今回の私の様に準備が足りず満足に練習も出来ていない状態だと不安感やプレッシャー、うるさいと言いたくなる様な心臓の高まり感、、、手と声が震えてしまうくらい緊張しました。久し振りの緊張感にどうしたらいいのかただただ固まっていたみたいです。司会者にも「凄く緊張している様ですね!」なんて声を掛けられてしまいました。スピーチするだけでも緊張するのに、主役の新郎新婦はもっと緊張しますよね。挙式の新郎の入場では手と足が一緒に動いていて、ふふっと笑ってしまいましたがきっと並々ならぬ緊張感、なんですよね。こんな緊張は、一生に一度あるかないかのものであれば逆に楽しめて良いのかもしれませんが、出来ればしたくないものです…。

過度の緊張は身体がカチコチに…

緊張している時は、自分では気付きませんが見ている側としては身体がカチコチになっているのがよく分かります。顔の表情も固く身体にも力が入ってしまっている状態…。過度の緊張感ではカチコチが解れず、自分では平静を装っているつもりでも周りからも緊張しているのがバレてしまい、さらに周りが見えなくなっている事もあり得るので何かしらの失敗をしかねません!身体がギュっと緊張して戦闘態勢になっている訳ですから終わった後の疲労感も半端ないはずです。誰でも一度くらいは経験があるのではないのでしょうか。

そんな緊張の場面に出くわした際には、労宮穴というツボを圧してみて下さい。

緊張を解すツボ

労宮

IMG_0722

手のひらの中央に位置しています。

IMG_0723

手を軽く握り中指と薬指の先端が手のひらに当たるところの中間が労宮です。

IMG_0724

反対側の親指で圧していきます。指の骨と骨の間にくぼみを感じられるので、比較的見つけやすいかと思います。

小さい頃、よく手のひらに人という字をかいて飲み込むことや、手のひらの中心に息を吹きかけると緊張がおさまるなんて迷信がありましたよね。実際に効果があったかどうかはあんまり覚えていませんが、緊張するたびによくやっていた記憶があります。

手のひらに緊張を解すツボがあると考えると、あながち間違いではないかなと思います。

労宮穴の秘密

労宮穴には緊張を解してくれる他にも

・精神不安

・動機

・睡眠障害

・手のほてりや手汗

・イライラやストレスに対するリラックス効果

などの自律神経改善にも役立ちます。

また、胃腸が不調な際や疲労回復にも効くと言われています。

労宮穴は手のひらのツボですが、こんな所も意外と凝っているんだな、と圧してみるとビックリするかと思います。手は比較的セルフケアとして圧しやすいのでぜひ試してみて下さい。

不安定な気候が続き、寒暖差が激しい季節。体調が崩れやすい方は身体の歪みを治す骨格治療がオススメです。細野クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする